FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林檎おいしい@痩せたかも

今日は11時から16時までカラオケ行ってました(´・ω・`)
とりあえずいぱーい歌ったよ!
んでなんでBGMがロロのキャラソンになったかって言うと
ロロのキャラソンが一番点数高かったから(`・ω・´)
自分でも
こwwれwwはwwwwにwてwwwっうwwwるwwwww
って歌ってるとき思った。

明日は声出ないかもな・・・
どんだけってくらい歌ったもの。
ところどころで午後ティー飲んだから大丈夫だろうけどね!

で、今日の今までの勉強時間は0分^-^
あとで1時間くらいすっかな!!!
じゅ、受験生とは思えない(゜д゜;)

で、題名の話なんだけどね、
久々にジーパン履いたら少し緩かったから
痩せたのかな?!と思ったそれだけ。
体重計なんかうちにはありませんよ。
買おう買おうって思ってても買いに行くのめんどくさいwwww


☆コメント返信☆

>りんたん
リンってミク系だよ・・・ね?
僕そういう系わからない(;w;)
YUIちーも聞かないなあ・・・・
じゃあ何知ってるの?wwwwって話ですよね。。。
銀魂の時間は塾だから見てないし(´・ω・`)
本当にちーちゃんかすですなあwwww
りんたんのことずっと可愛いと思ってましたわっ!!!

>にいちゃま
あのねあのね、お兄ちゃん、僕銀魂見てないの!!!
と、言いますか見れないが正解ですな(´・ω・`)
何が歌えるんだろうナア・・・
B’zなんてまず歌えるわけがないよ(´;ω;)ウウッ
結局何にも歌えない知なのでした。


続きで小説。



第四話の前にお知らせ。
作者は基本俺と言っていますが、名前はリヴァルです。
では、第四話をお楽しみください。



俺はあのあと女子達から逃げるように家に帰った。

家に着き、俺は制服から私服に着替えた。

俺は高校に入学してから一人暮らしをしているのだが・・・・

「ピンポーン」
インターホンの音が家に鳴り響いた。

俺は誰が来たのか予想はついたが、一応ドアを開けた。

まぁ予想通りだった。
ドアの前にはさっき別れたはずだったあいつらが目の前に立っていた。

俺は、「はぁ~」とため息をついた。

そんなことも気にせず、
いつも通り人の家でこいつらはくつろいでいた。

「おい、リヴァル喉乾いた~。」
ルルーシュが気の抜けた声で言ってきた。

「勝手にしろー」
いつも通りに俺は返した。

こんな感じで毎日を送っている。

そして、午後九時にあいつらは帰って行った。

嵐が去ったあとのように部屋が散らかっていた。
「片づけていけよ・・・」
そんなことを思いつつ片づけた。

片づけが終わったら時間が時間だったので
「そろそろ寝るか」
と、思いつつ俺は布団に入った。

次の日、いつものメンツで俺は学校に登校した。

登校してるのはいいが、
こいつらと一緒に歩いてるのをまた女子達に見られてしまった。

「どぉすっかな~」
今日はどうやって女子達から逃げるかな。

また壮絶な一日が始まった。


第五話へ続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title


ちぃちゃぁぁぁん(つω・` 。)

リン&YUIは諦めるけどああ

銀魂はぁぁ(´;ω;`)

プラハ?のきょくをぉぉ…

関係ないけどopでそう吹き飛ぶくらいって歌った時でてくるかむいがかっこいい(ノ)・ω・(ヾ)

可愛くないけどあり//
カウンター
プロフィール

とも

Author:とも
\所持キャラ/

きゃたおお
メルセデス:154Lv

vv知vv
ナイトロード:149Lv

殺人熊c
アクメ雷氷:139Lv

Murderbear
ドラゴンナイト:99Lv

ともち一
ワイルドハンター:84Lv

きゃたお
バトルメイジ:124Lv

星猛者くん
ソウルマスター:93Lv

きゃたおくん
デーモンスレイヤー:87Lv

きゃたちき
キャノンシューター:71Lv

コメント
カテゴリ
ブログの更新率
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
BGM
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。